看護師として復職するとき良い病院と悪い病院の見分け方は?

良い病院と悪い病院の見分け方

 

 

看護師として復職を考えるときはもちろん
良い病院での勤務がベストですよね。

 

現役の看護師が語る良い病院と悪い病院の見分け方
あなたの復職の参考になればと思いますよ。

 

常時看護師を募集している

 

常に看護師、あるいはスタッフを募集している病院は
あまりいい病院ではないようですね。

 

つまり、ヒトの出入りが激しい・・わけです。

 

これは、病院に限らず一般の企業でもそうですね。

 

ヒトの出入りが激しい職場は、労働が激務
賃金が安い、雰囲気が悪い、残業が多いなど

 

欠点が多い企業、いわゆるブラック企業だと
いっても過言ではありませんね。

 

受け付けの方に笑顔がない

 

やはりいい病院というのは、受け付けの方にも

 

患者への声かけや観察など、心がけるように
教育が行き届いているようです。

 

受付けの方の口調がきつかったり
対応が適切でない病院、施設など
あまりいい現場とはいえないようですね。

 

ナースステーションに滞留している時間が長い

 

これは、ナースのご経験があるあなたならよくご存知でしょうが

 

ナースの仕事は、出勤してからの勤務が
細かく時間でスケジュール化されていますよね。

 

あまりにも、ナースステーション内に看護師が多い

 

また、長時間滞留している病院は
患者へのケアが滞っている場合があるようですね。

 

小さい病院だが診療科目がたくさんある

 

地方や離島の場合は、病院、医師が少ないので
小さな病院でも、たくさんの診療をカバーしなければなりませんが

 

都心部の、それほど大きくない病院で
診療科目をたくさん掲げている病院は

 

逆にいい病院ではない可能性もあるようですよ。

 

ブランク看護師復職

以上、現役の看護師が語った
良い病院と悪い病院の見分け方をまとめてみました。

 

転職、再就職に失敗しないためには

 

やはり良い病院、働きやすい環境で勤めることが
一番大切なポイントだといえますよね。

 

あなたが復職を考えている病院やクリニックがあるのなら
看護師転職エージェント登録して、事前にそこの状況を

 

コンサルタントに尋ねてみるのもよい方法ですよ。

 

給与とか休日、残業やシフト
さらには職場の雰囲気や人間関係など

 

看護師転職エージェントのコンサルタントは
たくさん情報を持っていますので相談してみてください。

 

復職先の情報が事前にあると安心できますよ!