ブランク看護師復職にはどんな働き方が選べる

ブランクナース復職

 

 

ナースとして復職を考えた時いきなりの正社員や
夜勤をともなう職場にはちょっと不安が・・

 

こんな声が多いことも事実ですし当然だといえるでしょう。

 

そんな場合は派遣や短時間のパート看護師
短期間での勤務なども選ぶことができますよ。

 

看護師として復職する場合どんな働き方が選べますか

巡回健診

学校や企業が実施する健康診断に関する業務ですね。

 

時期的には4月〜6月と9月〜11月が繁忙期
半日とか1日、あるいは出張のお仕事もあります。

 

会場の準備から業務が始まって、メインの業務としては

 

受診者の方の検尿・血圧・心電図・眼底・眼圧・血液検査

 

このあたりが看護師の受け持つ業務となっています。

 

訪問入浴

自分では入浴できない、また家族の介助による入浴が困難な
高齢者のお宅に訪問して入浴のお手伝いが業務となります。

 

一般的に運転手・ヘルパー・看護師の3名が1組となって
入浴車でお宅に訪問して、入浴介助を行います。

 

企業によって違いはありますが、1日に5件〜8件程度
バイタルチェックがメインの業務となりますね。

 

お年寄りや家族にも喜ばれる仕事だといえるでしょう。

 

デイサービス

高齢の方の食事や入浴介助、機能訓練、服薬管理
そしてレクリエーションがおもな業務となります。

 

月曜から土曜までのシフト勤務が多いですが
派遣やパートの場合は、週2〜3日でも募集があります。

 

基本的に日勤のみ、残業もほとんどありません。

 

ツアーナース

小中学生の臨海学校や高校生の修学旅行
企業の慰安旅行などに同行して健康管理が業務となります。

 

旅行に同行しますので、宿泊をともなう仕事となりますね。

 

参加者の方が安心して楽しめる環境づくりが業務です。

 

旅行や会話が好きな方には向いている働き方だといえるでしょう。

 

イベントナース

スポーツやコンサート、展示会などが開催される際に
会場に設置される救護室、医務室で待機して

 

何かのときに参加者の救護にあたります。

 

スポット的な募集がメインとなり、土日祝日や
年末年始など、休日での業務が多いことが特徴です。

 

保育園・幼稚園

園児や職員の健康管理全般が業務となります。
平日の日勤業務がメインで、土日祝は休みが一般的です。

 

看護師業務のほかに、保育士のような業務もともないますので
子供の好きな方向けの働き方だといえるでしょう。

 

コールセンター

契約をしているユーザーさんからの電話を通じて
健康管理、育児や介護に関する相談、生活習慣病サポート

 

高齢者の方の緊急通報などに対応します。

 

基本的に電話対応のみの業務となっています。

 

看護師以外にも、心理カウンセラーや管理栄養士など
それぞれの専門分野のスタッフも在籍しています。

 

治験コーディネーター(CRC)

新薬の開発過程において
非臨床検査を通じて安全性や有効性が確認され

 

次の段階で実際にヒトで試験を行うのが治験ですね。

 

治験コーディネーターの業務は、治験が行われている
医療機関で事務所の立ち上げサポートだったり

 

参加者の募集、選定、インフォームドコンセント
治験者のスケジュール管理や医師、製薬会社との調整など

 

要は、治験が正確に行われるように
監視やサポートがおもな業務となっていますね。

 

訪問看護

病院やクリニックに併設されている
訪問看護ステーションを拠点に

 

利用者のお宅を訪問しての看護ケアがおもな業務となります。

 

基本的にはひとりで、1件のお宅へ週1〜3回の訪問
1回あたり30分〜1時間の看護ケアが仕事の内容です。

 

介護保険制度の導入で、事業所数も増えていて
看護師の募集も比例して増加傾向、週1日の非常勤や

 

短時間のパート勤務などの募集も多いですね。

 

MCナースネット復職

このように、ひとくちに看護師の働き方といっても
病院やクリニックのみではなくたくさんありますね。

 

ブランクありの看護師復職にも検討材料となるでしょう。

 

MCナースネットではまだまだたくさん情報がありますので
復職を検討中のママさんナースにはおすすめだといえますよ。