ブランク看護師が復職に成功するには

ブランク看護師復職

看護師さんは確かに結婚・出産が理由で
退職されるケースが多いです。

 

寿退社ですからおめでたいことなのですが

 

中には結婚しても看護師の仕事を続けたい方も
いらっしゃるいますよね。

 

しかし、2交代、3交代と夜勤があったり
託児所が完備されていなかったりなど

 

結局は家事、育児と看護師の両立が難しく
退職されるケースが多いようです。

 

これは日本の国も考えていかねばならない問題です。
慢性的な看護師不足、さらに高齢化社会

 

看護師の力がこれからますます必要な時代となるのに
手を打たないわけにはいきませんね。

 

子育てがひと段落して、子供のため、マイホームのため
あるいは家族旅行や夫婦の老後のためなどで

 

もう1度看護師として復帰したい方もたくさんいらっしゃいます。

 

でも、やはりしばらく看護の現場を離れているために

 

ブランクが心配・・・
今の医療についていけるのか心配・・・

 

こんな声は本当に多いです。

 

看護師は看護師免許を必要とする職業です。
誰もが就ける仕事ではないんですね。

 

ブランク看護師復職

そこで昨今では、病院、自治体などで
看護師再就職支援は実施されています。

 

また、再就職を希望する看護師さんに向けての
プリセプターシップを導入している病院もあります。

 

プリセプターシップとは
元々新人看護師(プリセプティ)に対して

 

入社2〜3年目の先輩看護師が指導に当たるという制度ですね。
あなたも新人の頃経験されたと思います。

 

復職看護師もブランクがあって1からスタートということで
このプリセプターシップの必要性が叫ばれています。

 

ひとつひとつ最初から指導して約1年間
医療器具の扱い方や手技をマスターしてもらうことが目的です。

 

看護師の転職、また再就職に成功した方は
このプリセプターシップを上手に利用しています。

 

そして、1年くらい頑張って勉強できれば
自信を持って勤務できると話されている方が多いですね。

 

看護師のブランクの不安を解消するためには
あなたの努力はもちろん必要ですが

 

いいプリセプターと巡り合うことも大きなポイントです。

 

看護師転職サイトに無料登録して

 

プリセプターシップをあなたの看護師復帰の条件に
挙げてみてはいかがでしょうか?

 

あるいはパートや派遣看護師からはじめてみて
慣れたら正社員にという方法を考えてみてもよいでしょう。