看護師として復職した勤め先での人間関係は心配ない?

看護師人間関係

新しい職場で勤めはじめるときは
看護師でなくても誰しも最初は不安です。

 

仕事も覚えなくてはならない

 

お得意先の顔と名前も覚えなければならない
会社の部署や役職者も覚えなければならない

 

など、最初はわからないことだらけですよね。

 

看護師の仕事は直接患者の命にかかわる可能性があります。
ミスが許されない場合がありますから当然緊張感も増します。

 

新しい看護の職場に復帰されたら
まず自分から進んで先輩ナースにアドバイスを乞うことが

 

あなたを仕事への自信と円滑な人間関係のために
つながっていくのではないでしょうか。

 

プリセプターがついた場合はその方に

 

あとは看護部長、副部長、そして師長さんなど
あなたから教えを乞う姿勢が大切ですね。

 

これは、看護師求人エージェントを通じて
転職、再就職された方の体験談なのですが

 

やはり自分から進んでそして笑顔を忘れないで
アドバイスを乞う姿勢が人間関係で躓かないポイントだそうです。

 

たとえば、プリセプターがついたとしても
あなたより年下のケースもあります。

 

そうするとね、指導する立場のほうも
自分より年長者だと気を使ってしまうものなのですね。

 

ですからあなたからアドバイスを乞う姿勢
素直に教えてもらう姿勢が大切なのです。

 

あと、師長さんは管理職となるので忙しいようならば
あなたより年長の先輩ナースと仲良くなって、指導を受けたり

 

プライベートで食事にでもいければ良いですね。

 

看護師復職

あなたもよくご存知のように
看護の現場は慢性的な人手不足

 

だから激務だったり
無理な勤務シフトが敷かれたりします。

 

どこの病院でも人手を欲しがっていますし
先輩ナースも、新しい看護師が入るのは大歓迎なのですよ。

 

また先ほども触れましたが
看護の現場では、患者の命と向き合う場面もあり得ます。

 

そして、医療ミスは許されないケースもあります。

 

ベテランナースほど責任感を強調します。

 

いい看護師の条件は責任感をしっかりと持つこと

 

あなたが自信を持って新しい看護の職場で働くにおいてまず
新人に戻ったつもりで素直にアドバイスを乞う姿勢

 

ここを肝に銘じて頑張れば
人間関係の不安は解消されるのではないでしょうか?

 

そして、看護師求人サイトのキャリアコンサルタントに

 

あなたが希望する再就職先の情報を
事前にしっかり聞いておくことも大切です。

 

コンサルタントは病院、看護の現場に行くことが仕事ですから
いろいろな病院、クリニックの内情に精通しているわけです。

 

どんなドクターが何人いるのか?
師長さんは何歳位でどんな人なのか?

 

看護師は何人くらいで年齢層など

 

あなたが気にかかることをしっかり聞いておいて
面接に取り掛かる準備をすればよいでしょう。